2018年05月28日

アナログは悪くない

時代は進み、現代はハイテク化された世の中ですね。
時代遅れ、枯れた技術、古臭い…などのアナログなものがどんどん捨て去られていく中ですが、原始的なアナログも悪くないと思うエビオスマンです。

特に機械においては私は最新ハイテク技術よりも、原始的なアナログな設計が好きです。
だからと言って私は特にアンティークな趣味があるわけではありません。

単純にシンプルな構造の機械は壊れにくくて頼りになるから好きなんです。
やはりハイテク化すればするほど複雑な設計になりますから、どうしても故障率は上がるんですよね。

シンプル・イズ・ベスト!
これにつきます。
人生もシンプルに生きた方が人間らしく生きれて良いと思うんですがね~…

そもそも宇宙、地球、自然などは全部原始的なアナログですからね。

例えば高級ホテルに泊まってハイテク機能を堪能し、高級なサービスを受ける。
それも良いかもしれません。
でも、まったく正反対だけどキャンプって楽しいでしょ?(笑)

人間自体もアナログみたいなものなんで、やはり何処かで自然を求めるんですよ。
1人の子どもとつながる支援プログラム

更に言うと、あまりハイテク化しすぎるのもどうかな?って疑問を持ったりもしています。
何故か?

機械に例えましょうか。
本来機械は人間が使うための物ですよね。
しかし機械に使われてしまっている人間が多いと思うのは私だけでしょうか?

ハイテク化をすれば、人間が本来持っている能力を徐々に失い退化させてしまうのではないか?

電卓を使えば暗算が出来なくなる。
ナビに頼れば地図が理解出来ないし、方向感覚も衰える。
SNSに頼れば、現実のコミュニケーション能力が低下する。

車が好きなので、ちょっと車関連で例えてみましょうか。
安全装置がハイテク化するのは良いですが、それに頼りっぱなしなドライバーが増えてドライバーの運転技術が低下します。

これじゃいずれコンピューターに支配されてしまいそうな…

「ターミネーター」みたいな世界が来なければいいけど…
なんて事をちょっぴり思ってる私は頭がいかれた奴ですかね(苦笑)

機械は好きだし、もちろんあった方がいいですよ。
極端に江戸時代みたいになったほうがいいとは思いません。
私も現代人ですから(笑)

でも、ちょっとハイテク過ぎじゃないの?って思うんですよね。
どうせハイテク化させるなら、人間が本来持っている「知恵と工夫」をハイテク化させた方がいいような…

まあでも、ハイテク技術は人間の「知恵と工夫」で誕生したものなので複雑なところですな(苦笑)

そんな時代ですが原始的なアナログ…
悪くないですよ。
posted by エビオスマン at 06:11| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

モテようとする必要はない

異性から好かれたいから人はモテようとしたりしますよね。
私は男なので今回は男目線から書いてみました。

女の人にモテたい。
これは男なら誰もが持っている本能なのかもしれません。
なので、これを捨てるという事は生物的な法則に逆らう事になるのかもしれませんが…

ぶっちゃけて言うと、モテる必要はありません(爆)
モテようとあれこれとやってしまいがちですが、それらは全て不要かと。

モテる=幸せという図式は成り立ちませんからね。

そりゃ嫌われるより好かれた方が良いに決まってます。
だからといって無理して好かれようとあれこれやる必要は無い。
気に入らなければどうぞ去ってくださいってくらいでちょうど良いかと。

よく人間関係で万人受けする必要ないとか、嫌われ者でも少数派の人間は好いてくれるとかっていうのを聞きますよね。
これは男女の関係でも成り立つものだと思います。
性別違えど人間関係の1つのジャンルですからね。
ハートリング


世の中は需要と供給で成り立っています。
特に人間関係においては周りが敵だらけであっても、必ずと言っていいほど味方が出てくるんですよ。

極端に言うと、どんな極悪人でもそんな人間をかばおうとする人間がいる。

無人島やジャングルの中で人間は自分1人だけ…
なんていう状況じゃない限り、この地球上で同じ人間同士と住む以上は必ず自分に興味を持つ人間が現れます。

そんな事ないわ…
なんて思っている人は、まだそのような人間と出会っていないだけですね。
もっと視野を広くすると見方が変わります。

なんか大規模な話になってしまったので話を戻しましょうか(苦笑)

つまり異性関係においても、どんなに非モテな男でも10000人の女の人から嫌われるって事はほぼ不可能なわけで。
逆に言えばどんな非モテ男でも、そんな男が好きでたまらないっていう美女もいるわけで。

これが生物の自然な法則でしょうな。
なので無理してモテようとする必要はありません(笑)

強いて言えば、そんなものよりも絶対的な行動力さえあれば素の自分のままで良いんじゃないのかな。
まあ無人島やジャングルの中とかなら、尚更自ら知恵を絞って行動していかないと死にますからね(苦笑)

見栄をはったり、変な物で着飾ったりするよりもまずはサバイバル能力を磨くべし。
posted by エビオスマン at 01:11| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

世間体を捨てると楽になる法則

世間体…
これを気にして生きて何かメリットあるんでしょうか?
ぶっちゃけデメリットの方が多過ぎるかと思うのは私だけかな?

今でもやっぱり人と違う事をしたり、変わった事をすると「世間体」という謎の圧力が出てきますよね。
これは教育からきた完全な洗脳の一種なので、この呪縛から解放されるにはもう自分が開き直るしかありません。

「世間体なんざクソくらえ」
ちょっと口調は悪いですが、これくらいの気持ちが丁度良いんじゃないですかね。

これを気にして生きていくメリットに一体何の価値があるのか?
冷静に考えてみました…

う~ん…
やっぱあまり無いんだよな~(笑)
【UQモバイル】

自分の気持ちに素直になって、その気持ちに正直に行動する。
これが1番幸せと思える人生じゃないのかな。

たまに人からこういう言葉を聞くと思います。

「○○じゃないといけない…」
「○○するべき…」
「こうではない…」

…みたいなね。
無視しましょ(笑)

自分の道は結局自分で切り開くしかありません。
たまたま人と同じ道ならそれでいいけど、もし誰も行かない変わった道なら尚さら自分で切り開かなくちゃ。

最後に頼りになるのは「世間」じゃなくて「自分自身」です。
posted by エビオスマン at 10:01| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする